毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)は、毛包(毛が生える部分)やその周囲の皮膚が炎症を起こす状態です。毛嚢炎は一般的に細菌感染によって引き起こされ、しばしば毛穴の周りに赤み、腫れ、痛みを伴います。以下に毛嚢炎に関する基本情報をまとめます。

あわせて読みたい
熱破壊式医療脱毛のおすすめクリニック8選!【2024年2月の人気は?】 医療レーザー脱毛の照射方法を、大きくわけると熱破壊式(ショット式)と、蓄熱式(連続式)があるのを知っていますか?ちなみに読み方は「ねつはかいしき(熱破壊式)...
  • 原因:多くの場合、毛嚢炎は細菌(特に黄色ブドウ球菌)の感染が原因で発生します。また、剃毛、摩擦、皮膚の刺激、異物の埋没なども毛嚢炎を引き起こす要因となり得ます。
  • 症状:毛嚢炎の主な症状には、赤み、腫れ、痛み、発疹、時には膿が含まれたプツプツ(膿疱)が現れます。感染部位は痒みを伴うこともあります。
  • 発生部位:毛嚢炎は体のどの毛穴にでも発生する可能性がありますが、特に顔、首、脇の下、胸、背中、腹部、臀部、太ももなどの部位でよく見られます。
  • 治療:軽度の毛嚢炎は自然に治癒することが多いですが、重症化した場合は抗生物質の塗布や服用が必要になることがあります。また、患部を清潔に保ち、刺激を避けることが重要です。
  • 予防:毛嚢炎を予防するためには、適切な肌の清潔、乾燥を防ぐための保湿、適切な剃毛方法の実践が効果的です。
  • 合併症:治療されない毛嚢炎は、時に膿疱や瘢痕(傷跡)を残すことがあります。また、重症の場合は細菌が周囲の組織に広がることもあります。

毛嚢炎は比較的一般的な皮膚の問題ですが、適切なスキンケアと衛生習慣によって予防し、早期に治療することが可能です。症状が重い場合や改善しない場合は、医師の診察を受けることが重要です。

目次