真皮

真皮

真皮(しんぴ)は、皮膚の構造の中で表皮の下に位置する層です。この層は、皮膚の強度、柔軟性、および弾力性を提供し、全体的な健康と外観に大きく寄与します。真皮に関する基本情報を以下にまとめます。

あわせて読みたい
熱破壊式医療脱毛のおすすめクリニック8選!【2024年2月の人気は?】 医療レーザー脱毛の照射方法を、大きくわけると熱破壊式(ショット式)と、蓄熱式(連続式)があるのを知っていますか?ちなみに読み方は「ねつはかいしき(熱破壊式)...
  • 構造と機能:真皮は主にコラーゲンとエラスチンの繊維から構成されており、これらは皮膚に強度と弾力性を与えます。真皮には血管、神経、毛包、汗腺、皮脂腺などが含まれており、これらが栄養供給、感覚、体温調節、油分の分泌などを担います。
  • 血液供給と栄養:真皮の血管は、酸素と栄養素を皮膚細胞へ供給し、老廃物の除去を助けます。これにより、皮膚は健康を維持し、細胞の修復と再生が行われます。
  • 感覚機能:神経終末が存在するため、温度、圧力、痛みなどの感覚を感じることができます。
  • 皮膚の老化:年齢と共に真皮のコラーゲンとエラスチン繊維は減少し、皮膚の弾力性が低下します。これがしわやたるみの原因となります。
  • 傷の治癒:皮膚が損傷を受けると、真皮にある細胞が新しい組織の生成を助け、傷の治癒プロセスに寄与します。
  • 皮膚の保護:真皮は身体を外部の物理的、化学的、細菌性の攻撃から保護するバリアとしても機能します。
  • スキンケアと真皮:適切な保湿と栄養供給は、真皮の健康を維持するために重要です。紫外線防御によって、真皮の損傷を防ぐこともできます。

真皮は、皮膚の外観、感覚、全体的な健康にとって重要な役割を果たしています。真皮の健康を保つためには、適切なスキンケア、バランスの取れた食事、十分な水分摂取、紫外線からの保護が重要です。

目次