ダウンタイム

ダウンタイム

美容医療でのダウンタイムは、施術後に社会生活や日常活動への復帰までに必要な回復期間を指します。この期間中、患者はしばしば赤み、腫れ、痛み、内出血、かゆみなどの症状を経験し、これらが完全に治まるまでには時間がかかります。以下に、美容医療におけるダウンタイムの特徴と管理方法について説明します。

あわせて読みたい
熱破壊式医療脱毛のおすすめクリニック8選!【2024年2月の人気は?】 医療レーザー脱毛の照射方法を、大きくわけると熱破壊式(ショット式)と、蓄熱式(連続式)があるのを知っていますか?ちなみに読み方は「ねつはかいしき(熱破壊式)...
目次

ダウンタイムの原因

外科手術:リフトアップや脂肪吸引などの外科手術では、切開や組織の再配置が行われるため、回復に時間が必要です。
非外科手術:レーザー治療、化学的ピーリング、注射(ボトックスやフィラー)なども、短期間のダウンタイムを伴うことがあります。


ダウンタイム中の症状

施術部位の赤み、腫れ、痛み。
内出血や皮膚の変色。
かゆみや皮膚の乾燥。


ダウンタイムの期間

施術の種類や範囲、個人の体質や健康状態によって異なります。
一般的には数日から数週間の範囲で、重い手術では数ヶ月かかることもあります。


ダウンタイムの管理

  • 適切なケア:医師の指示に従い、適切なアフターケアを行うことが重要です。
  • 保湿と保護:乾燥を防ぎ、紫外線などの外部刺激から保護するために、保湿剤の使用や日焼け止めの使用が推奨されます。
  • 安静の維持:回復を促進するため、特に手術直後は十分な休息を取ることが必要です。
  • リスクと注意点:

ダウンタイム中は感染のリスクが高まるため、清潔に保つことが非常に重要です。
予期しない合併症や症状の悪化が見られる場合は、速やかに医師に連絡することが必要です。
美容医療のダウンタイムは、施術による身体的な変化に適応し、完全に回復するための重要な期間です。施術後の指示に従い、適切なケアを行うことで、リスクを最小限に抑え、望ましい結果を得ることができます。

目次